肥厚性鼻炎の症状と手術治療の体験記

鼻で息が出来くなるのは、想像以上に辛いものです。 鼻の粘膜の炎症で息が出来なくなるのですが、原因には、「糖尿病」「市販の点鼻薬」があります。

管理人の場合は点鼻薬の使い過ぎが原因でこのような症状になり、治療の為に、病院で全身麻酔をかける程の大手術も受けました。その時は本当に大変な目に遇いました。

だからこそ、もし、あなたがそんな症状なのであれば、早めに治療して欲しいと思います。

鼻うがいは、最も効果のある鼻づまり対策です。鼻炎や副鼻腔炎で悩まされている方はご一読下さい。


>>AmazonでハナクリーンSの口コミを確認してみる



肥厚性鼻炎についての基礎知識

肥厚性鼻炎は、鼻が詰まる病気で、糖尿病や市販の点鼻薬を過剰使用などが原因で起こります。
管理人の場合は後者が原因で発症したのですが、1日に何回も噴射していると、 鼻の粘膜が変質肥厚してある日、その効き目もなくなってしまいました。 結果、鼻の粘膜がやられてしまい、鼻づまりの症状に悩まされる事になってしまったのです。

この病気の怖い所は、『点鼻薬の使い過ぎで起こる』という事です。 一度は鼻通りが良くなるので、治ったかなと思うのですが、そうするうちにそれが手離せなくなるんです。 これはつまり、手術などで完治したとしても、点鼻薬に依存する体質を辞めなければ、再発する危険性もあるということです。 ですので、耳鼻科によっては、『習慣的な体質から脱却するための離脱プログラム』があるくらいです。

ですから、本当に治療が出来た!と心から思えるようになるのは、 自分の生活習慣や体質を本当に変える事が出来た時だと思います。


肥厚性鼻炎に関するメニュー

原因や治療方法について
肥厚性鼻炎の原因と治療方法について解説。その他、鼻の仕組みや、鼻と目・耳・喉などの器官との関係についても詳しく解説します。

症状について
肥厚性鼻炎の症状について解説します。実際に発病すると、呼吸不可能になったり、喉が渇く、寝不足になる、眩暈がするなど、様々な不快な症状に苦しみます。

手術について
病気の治療を行うための病院選びの他、どんな手術をするのかといったことや必要な入院期間はどれくらいか等について解説します。手術後の経過観察や、退院後の通院期間についても解説。

体験記
肥厚性鼻炎の治療から克服までの、実際のブログ管理人の体験記です。鼻づまりに悩み過ごした小学生から現在までの経緯について詳細に記述しています。

市販の点媚薬について
市販の点媚薬の効果や副作用について解説します。薬は依存性があり、使い過ぎる と、昏睡状態になったり、意識障害・痙攣などの症状が出たりすることもあります。