手術後の地獄:肥厚性鼻炎の症状と手術治療の体験記



>>AmazonでハナクリーンSの口コミを確認してみる



手術後の地獄

私は昔から鼻が悪く、肥厚性鼻炎という酷い病気を持っていたで、その手術を受けることに なりました。

それは全身麻酔をかけるような大がかりなもので、一時間の手術と一週間の入 院を必要とするものでした。

今から、私がこの入院中に経験した苦痛などについて語りたいと 思います。


まず一番困ったのは、手術のあと鼻に詰められた止血用のガーゼです。

まあ、鼻の粘膜の 一部を切除する手術でしたからこれくらいあって当然のことなのかもしれませんが、このガー ゼが私をとても苦しめました。

せっかく鼻の通りをよくするために受けた手術なのに、ガーゼ があるせいで鼻で息が全くできないんです。

仕方なく口で息をするしかありませんでした。お かげでのどはすぐに渇き、食事もうまくのどを通らず、生き地獄とはまさにこのことなんだと 感じました。

そして何よりもつらかったのは、息がうまくできないせいで夜全く眠れなかったこ とです。

なかなか寝付けずずっとベッドの上をごろごろし、しばらくしてようやく眠れたとしても 必ずその一時間半後に目を覚ましてしまう、という夜が続きました。おかげで寝不足でイライ ラし、本気で気が狂いそうになりました。

もし家族がお見舞いにきてくれなかったら自分は一 体どうなってしまったのかと思うと正直ぞっとします。(家族に愚痴を話すことによってなんとか 自分の気を保つことができました。)

そんな入院生活でしたから、鼻からガーゼをとってもらえ た時は本当にうれしかったです。

息ができる、夜眠れる、食べものの味を感じられる。この感 動は今でも忘れることができません。

このとき、私はこの手術を受けてよかった、と、心から 感じることができました。

つらい手術、入院生活に見合った、本当にすばらしいものを手に入れられたと思います。もし今この病気で苦しんでいる人がいたら、勇気を出して手術を受けてみてください。きっと後悔はしないと思います。

カテゴリー:手術について



>>AmazonでハナクリーンSの口コミを確認してみる




手術後の地獄:関連記事

手術前の生活
私は幼い頃から鼻がとても悪く、それはもう鼻では息をすることが全くできない程でした。 後から分かったこ...

通院期間について
肥厚性鼻炎の手術は、鼻の粘膜を切除する非常に大がかりなものでした。よって退院するま でに一週間ほどか...

どんな手術をするの?
肥厚性鼻炎とは、鼻の中の粘膜が腫れ上がって膨張し、呼吸することが困難になる病気のことです。一般的には...

病院選び
大きな手術を受けるなら、やっぱり安心できる病院で受けたい。誰しもがそう思うでしょう。そ こで今から、...

鼻で息が出来くなるのは、想像以上に辛いものです。 鼻の粘膜の炎症で息が出来なくなるのですが、原因には、「糖尿病」「市販の点鼻薬」があります。

管理人の場合は点鼻薬の使い過ぎが原因でこのような症状になり、治療の為に、病院で全身麻酔をかける程の大手術も受けました。その時は本当に大変な目に遇いました。

だからこそ、もし、あなたがそんな症状なのであれば、早めに治療して欲しいと思います。

鼻うがいは、最も効果のある鼻づまり対策です。鼻炎や副鼻腔炎で悩まされている方はご一読下さい。