鼻の仕組みと病気との関連性:肥厚性鼻炎の症状と手術治療の体験記



>>AmazonでハナクリーンSの口コミを確認してみる



鼻の仕組みと病気との関連性

鼻の病気を理解するためには、まずは鼻の仕組みを理解しなくてはなりません。

これを理解 することによって、もし鼻の手術をするようなことになったとしても、自分にその知識があるお かげでお医者様の話も理解できるかもしれないし、なによりどこをどのように手術するかが 分かると安心できるかもしれません。

これから怖い手術を受けなければならない自分や家族 のために、ぜひここで少し勉強してみてください。

(ちなみに私は鼻の手術経験者ですが、なんの知識も持っていなかったためお医者様の話についていけず、手術がとても不安でした。)


まず、鼻は大きく3つの部品に分けることができます。

1つ目は「外鼻」といい、鼻の外側、つまり鼻の穴のトンネル全体をあらわします。上半分は骨、下半分は軟骨でできていて、鼻の構造を支えています。

2つ目は「鼻腔」といい、鼻の穴とのどをつなぐ2本の管です。鼻の病気には、この鼻腔の粘膜を腫れ上がらせる病気がたくさんあります。(私がかかった肥厚性鼻炎もその一つである。)

3つ目は「副鼻腔」。これは鼻腔の周りの骨の中を通っている空洞で、鼻腔とつながっています。

副鼻腔は全部で4種類あり、左右両方に一対づつあります。これも鼻の病気の起こりやすいところで、あの有名な「蓄膿症」をはじめ、色づいた鼻汁がたくさんでたり、酷いときには水がたまって顔が腫れ上がったりもするらしいです。


特に私たちが気をつけなければならないのは2つめの「鼻腔」です。

ここでは本当にたくさん のアレルギーや出血、炎症、ポリープなどの症状が起こります。

予防する方法は、例えば 毎日鼻のうがいをしたり、外出時にはマスクをつけたりなど非常に細かい対応が必要とな ってきます。

そして絶対にしてはいけないのが点媚薬の使用。鼻腔や副鼻腔の粘膜を腫れ上がらせてしまうので、使用はなるべく控えるようにしましょう。


これで少しは鼻の仕組みが分かったでしょうか。もしお役に立てたなら幸いです。



>>AmazonでハナクリーンSの口コミを確認してみる




鼻の仕組みと病気との関連性:関連記事

治療方法について
肥厚性鼻炎は本当に辛い病気です。鼻で息が全くできなくなり、点鼻薬も効かない。(まあ、点鼻薬の乱用のせ...

鼻と目の関係
鼻と目は管がつながっています。これは何を意味しているかというと、「鼻を悪くすると視力も低下していく」...

肥厚性鼻炎の原因は?
息ができないほど鼻が詰まってしまう鼻の病気「肥厚性鼻炎」。私もこの病気の経験者な ので、これがどれほ...

肥厚性鼻炎とは
肥厚性鼻炎とは、鼻炎が点鼻薬や糖尿病などで悪化し、鼻の粘膜が腫れ上がることによっ ておこります。私も...

鼻で息が出来くなるのは、想像以上に辛いものです。 鼻の粘膜の炎症で息が出来なくなるのですが、原因には、「糖尿病」「市販の点鼻薬」があります。

管理人の場合は点鼻薬の使い過ぎが原因でこのような症状になり、治療の為に、病院で全身麻酔をかける程の大手術も受けました。その時は本当に大変な目に遇いました。

だからこそ、もし、あなたがそんな症状なのであれば、早めに治療して欲しいと思います。

鼻うがいは、最も効果のある鼻づまり対策です。鼻炎や副鼻腔炎で悩まされている方はご一読下さい。